胡蝶蘭が大人気の理由

 

開店祝いなどに欠かせないお花として人気が高い「胡蝶蘭」。白やピンクの色合いが美しく、印象に残るギフトとして選ばれる方も多くいらっしゃいます。なぜ胡蝶蘭は贈り物として人気が高いのでしょう?それにはちゃんとした理由があるのです。

胡蝶蘭には、「幸せが飛んでくる」といった花言葉があります。学名はファレノプシス、英語ではモス・オーキッドと言い、「蛾のような」という意味を持っており、胡蝶蘭という名称もその意味合いが込められています。幸せが舞い込んでくるという花言葉は、贈り物として最高の言葉と言えるでしょう。

また、胡蝶蘭は花の匂いがしないことから、飲食店やパーティー会場など、どのような場所にも飾る事ができます。人それぞれ香りの好みは違います。あまり香りのきついお花ですと、好き嫌いが分かれてしまいますが、胡蝶蘭は香りがきつくないので万人受けするのです。

比較的花持ちが良いと言われている胡蝶蘭は、「長持ちをする」=「長く続く」というイメージもあり、商売が長く続くという意味から縁起が良い花として、開店祝いや栄転祝いなどで贈る方が多いのです。

そしてもう一つ、胡蝶蘭には品格があります。存在感があり、色も美しく、たくさん並んでいる姿は圧巻で見ごたえがあります。お祝いの席には、華やかで気品がある胡蝶蘭に人気が集まるのも当然です。一番人気が高いのは白の胡蝶蘭です。白という色ですので、周囲の雰囲気にもマッチし、どのようなシチュエーションにも合いやすい上品で清楚な魅力があります。

このようなことから、大切な方への贈り物は胡蝶蘭が最適と言えるのです。